様々な分野で期待されるNMN

実はNMNが豊富な食べ物としてキャベツブロッコリーアボカドなどがあります。こうした食べ物からNMNを体内でしっかり合成できているといいます。しかし年齢を重ねていくと合成量が落ちてしまい、同じ量を食べていてもカバーしきれなくなるため、老化が進むと考えられています。マウスの実験で生後22か月、人間でいえば60歳くらいに相当するマウスがNMNを1週間投与したところ、生後半年、人間でいえば20歳くらいにまで筋肉細胞が若返ったという結果が出ています。

また糖尿病のマウスにNMNを1週間投与したところ、血糖値が正常値になったという研究結果も報告されています。食事だけでカバーできないNMNですが、いつか人が利用できる何らかの手段が作られたら、体を若返らせることや、病気を改善させるお薬として利用されることも期待されます。また高齢の女性の古い卵子を若返らせるという研究についてもアメリカで行われているということなので、命をはぐくむことへのサポートという点でも、今後、NMNが役割を果たすことがあるのかもしれません。

あくまでも現段階ではこうなるかもしれない、こうなると予想されるという予想にすぎませんが、マウスの実験結果などをみるとこの先、研究が進められていることによって、100歳を超えても元気に楽しく生きるということが夢物語ではなくなる可能性があります。

老化のメカニズムというのは複雑で、一筋縄ではいかないということがいわれていますが、この物質とサーチュイン遺伝子との関係性が判明し活用が考えられているという所まで来たのですから、若返りということに対していつか、利用出来ることができるようになるのかもしれないと期待することはできるでしょう。

Pocket