NMNが未来の長寿のカギとなる

日本でも話題になったNMNという物質、これはニコチンアミド・モノ・ヌクレオチドという分子化合物ですが、若返りについて大きな期待を寄せられている物質です。この物質はあらゆる生物の細胞に存在している物質で、元々生命体が最初に作った分子ではないかといわれています。

NMNは年齢を重ねていくうちに体内から自然と減少するのですが、NMNが減少することが老化につながっていると考えられています。この物質が体内から少なくなっていくことで体の修復機能が失われ、筋肉が加齢とともに弱くなっていったり、記憶力が低下するということについても関係があるのではないかといわれているのです。

NMNの特徴がわかってきたことで、ニコチンアミド・モノ・ヌクレオチドという物質が体内に若い世代同様レベルに保てるようにしていこうという研究が世界の研究機関で進められています。この物質にはサーチュイン遺伝子という長寿遺伝子と呼ばれる遺伝子が深くかかわっているとされています。人の体内の蛋白質にある小さい穴にNMNが入り込むことによって蛋白質を活性化させます。この蛋白質がサーチュインと呼ばれるたんぱく質で、そこにニコチンアミド・モノ・ヌクレオチドが入り活性化させるというイメージです。

こうして活性化されたサーチュインはその他の蛋白質DNAなどに届くようになり、老化した細胞を活性化し修復できるようになるという考え方で若返りの研究が進められています。日本は長寿大国といわれていますが、長寿と呼ばれる人が健康に元気な毎日を過ごせているかといえば、そうではない人の方が多いのでは?と感じます。元気に過ごされている方もいますが、疲労しやすくまた免疫力も低下して病気にもなりやすいという状態の方もいます。誰もが若々しく、元気で健康な老後を迎えることができるようになるためにも、NMNはこの先、若返りのカギとなる物質といえます。

Pocket